A-009


[ The REALM of FAERIES ]

 

惑わせの森と呼ばれるその森は

霧のように道を消し

木の根は行く手を迷路に変え

立ち入るものを惑わせる

 

妖精の輪に踏み入れば

木の葉は衣装

毒茸はごちそう

馬屋は優美な宮殿に

 

すべては幻想

まことではない

いたずら妖精たちの国

 


A-011


2015-2016 A/W collection
である第17章は

ふたりのちいさな男の子が

妖精国の領土「惑わせの森」へ冒険に出かけます。

この森へ迷い込むと誰もが

妖精のいたずらで道を見失い

招かれざるもの立ち入れば2度とは戻れぬと云われる森

戻らぬ人は妖精の世界に住んでいるとかいないとか

惑わせの森の奥の丘の上に建つ今は誰も住む人のいない伯爵屋敷

そこは夜になると チラチラと明かりが光るのです。

ふたりは戻らない人々を探しに

勇気の心と真実を見る目に導かれ

妖精たちから身を守ると言われるタリスマンを携えて

惑わせの森へ 

伯爵屋敷をめざします。

そう、


この秋冬のテーマは妖精国のものがたり。 
でもコキチカのものがたりの妖精国はみんなが思っているかわいらしい妖精
ティンカーベルとかとは全然違って
もっと森の自然に根付いた大昔からある伝説のような
怖さのある妖精
その領土と人間の住む場所の境目を超えていく
そこからはじまるふたりのちいさな男の子の冒険ものがたりです。


何を隠そう、いや、隠してないけど、、
わたくし杉本は、
ホビットの冒険 大好き!
ナルニヤ国ものがたり 大好き!!
はてしない物語(ネバーエンディングストーリー) 大好き!!!
指輪物語(ロードオブザリング)大大好き!!!!
な、ファンタジー小説好きなのです。

映画もいいけど
小説読むほうが好き。
コキチカのものがたりも
これらの小説からたっくさんヒントをもらっています。

そんなある日、
図書館で出会った1冊の本から
今季のものがたりが生まれました。



IMG_2546


その名もずばり FAERIES

著者はブライアン・フラウドとアラン・リー!!

アラン・リーは妖精画のイラストレーターであり
指輪物語のデザイナーであり
彼の描いた妖精の絵がそのまま映画の映像となってます。

ブライアン・フラウドの描くゴブリンの世界も大好きで
以前の迷宮の森でもゴブリンのヒントになっています。

そんな彼らの妖精画がたくさん詰まった本を発見した時の興奮と喜びったら!!
いつ見てもこの本はワクワクします。


IMG_2544

IMG_2545


見えない妖精を信じきっている彼らと同じく
信じている
わたしもそのひとりです。(笑)!


そんなコキチカのものがたりから生まれた
2015-16A/W collection

cokitica home pageにてご覧になれます。

そしてぜひ、

ぜひ店頭でご覧になってくださいませ。
デリバリーもはじまっています。

そしてこどもたちが
空想の世界で、毎日の生活の中で
冒険できるお手伝いになったら
とっても嬉しく思います。




毎日冒険に出かける愛しき小さなひとたちへ


A-065


cokitica instagram はじまりました!
cokitica Facebookもよろしくお願いします。